2017年5月

これまで設計で花壇を提案したことはあったが、今回は樹種についても考える機会がありました。

外部に開かれた大規模な花壇であれば都市景観にも関わってくるため、なかなかの難題。

フォトショップのような画像処理ソフトで検討することによりイメージが固まりました。

建築や歴史を感じさせる樹木との調和・スケール・色彩あらゆる情報を客観的に確認する一つの方法。

伝統的な街並を保存するだけではなく、未来を感じさせる何かを設計の中で提案したかった。

実現された空間は街にどのような刺激をもたらすのだろうか。

2017年3月

再び高知市追手筋の都市景観に関わる設計に携わっています。

追手筋は元禄3年(1690年)以来300年以上続く日曜市が開催され、よさこい祭りのメイン会場となる。

歴史ある土佐の高知のメインストリート。

県外の方にも有名なひろめ市場の近隣に新図書館等複合施設「オーテピア」が来年夏に完成予定で更に賑わうことでしょう。

以前はサポートする立場でしたが今回は統括設計者として高知を元気にするプロジェクトになることを願っています。