2016年10月

9月にバスケットボールのBリーグが開幕しテレビで中継してました。LEDをしこんだ床が使用されなかなかの盛り上がりでした。バスケットボールはつい最近2011年にルールが変更されたことをご存知でしょうか。私は現在アリーナ床の改修工事の設計をしており、コートのライン引きを確認しているときに知りました。新ルールに対応するためバスケットボールコートのラインを引き直したアリーナも多いのです。


2016年9月

なぜか昨年から高知県西部の四万十市方面での設計の仕事が多いです。

おかげ様で高速道路の無料区間(須崎西~四万十町中央)を

フル活用しています。

四万十市以西も中村宿毛道路(四万十~平田、無料の自動車専用道路)

が開通して以前に比べると大幅に所要時間が短縮されました

道の駅で休息する機会があったら「なぶら土佐佐賀」のたたき丼

(残り半分位はだし汁とワサビを加えて)

「あぐり窪川」の豚まんとみるく工房のアイス(アイスはコーンで)

などはお勧めですね。


2016年5月

暖かくなって年に1度の恒例となった睡蓮鉢の水替えを行いました

 

植栽はミズキンバイとヒメトクサで越冬を続けています

クロメダカとタニシが生息

ミズキンバイとクロメダカは絶滅危惧種です

ペットショップより豊かな空間体験を提供したいと思いつつクロメダカは当初6尾だったのが世代交代しながら30尾程度をキープ

 

 今年はよく根づいたせいかミズキンバイに勢いを感じます


2016年3月

車中泊に最も適した場所の一つとして高速道路のサービスエリアが考えられます。比較的寒い時期に近畿地方で体験してみると24時間開放された休憩スペースの熱いお茶のサービスが大変ありがたかったです。車内でマットを敷いて寝ていると港に停泊した船内にいるような感覚でした。絶え間なく続く車の走行音がかすかに聞こえ波の音のようです。サービスエリアは近代都市の生みだした風景の一つで、日本全国からの車が絶え間なく出入りするからこそ危険であると同時に安全でもあります。個人差もあるので自身の感覚でトイレや休憩スペースに近すぎず遠すぎずの場所に停車した方がよいでしょう。騒音対策としては小型車の駐車台数の割合が多い方がよいかもしれません。意外としっかり仮眠できたのでシュラフを検討してみます。